AI x 人で
ビジネス実装型
AIサービス開発

ナナメウエのAI開発は、AIと人を組
合せたハイブリッドなサービス開発

で、AIをPoCで終わらせず、確実な
ビジネス実装を実現します。

ナナメウエの
AIサービス開発

事業会社・BPOサービス提供会社へ

ナナメウエならでは、AIの開発実績とBPOの運用実績を活かしたAIサービス開発

ナナメウエは独自のAIモデル開発はもちろん、BPOサービスの実績を活かし、AIと人を組合せたハイブリッドなAIサービス開発で
お客様のビジネス課題や効率化、生産性向上を実現します。

Hybrid Solution

AIモデル開発

顔認識
画像認識
RPA
予測

人的リソース

AIのビジネス実装における課題

AIへの過度な期待が導入のハードルを上げてしまいPoCが終わらない
AI開発ではAIの精度への過度な期待により、現状人で行っている作業の完全な置き換えを目的にしてしまうなどに陥りがちです。そのため、PoCに過剰に費用を投じても期待する成果が得られず失敗するプロジェクトもしばしば。
AI導入が前提になってしまい、解決すべき課題やサービスが明確でない
AIへの理解が不十分なまま、AI導入が前提になってしまうケースもよく見られます。ビジネス目的が明確にならないままスタートしたプロジェクトは、結果的に開発したAIも使い所が無く無駄になってしまうことも。
期間やコストを甘く見積もった結果、十分な学習が行えずAIが真価を発揮できない
目的や既存のデータ量によってAIの学習時間とコストが予想を大きく上回ることもAI開発ではよくあることです。短期的なROIを目標にしてしまうと、開発への投資が不十分になってしまい、結果的に実用に至らないモデルが出来てしまう恐れもあります。

ナナメウエのAIサービス開発はビジネス実装型

まずはAIが有効かどうか、2ヶ月程度のスモールPoCからスタート可能
AIプロジェクトの80%以上がPoC止まり。しかも初期コストが数千万に及ぶことも。ナナメウエでは、まずAIが有効かどうかの検証を短期のPoCで確認します。2ヶ月程度の期間で予算もリーズナブルに取り組めるPoCで、まずはAIへの理解を深め、具体的な活用方法を検討してみることが出来ます。
AIを活用したBPO事業の経験を元に、AIのビジネス実装に向けた開発から運用までサポート
ナナメウエは自社のBPO事業へAIを導入して3年以上の実績があります。その経験を生かし、ビジネスを効率化し、生産性をあげられるAI活用をアドバイス。ビジネス実装するための運用までお手伝いします。
AIと人のハイブリッド運用による効率化とコストダウンを実現しながら、段階的なAIへの切替が可能
AI導入は中長期的かつ段階的に行うのが理想的です。ただ、AIが実用レベルに達するまで待つのは厳しいところ。そこでAIと人を組合せ、段階的にAIを導入していくことで、運用しながらAIの学習を実現。中長期的な業務効率化や生産性を向上を図ります。

ナナメウエのAIサービス設計フロー

ビジネス実装型のAIサービス開発では、AIモデル開発やPoCと平行し、有人体制でのサービス運用体制も設計。
AI開発だけで終わらず、段階的なAI導入を実現する運用体制の構築までを同時に行っていきます。

サービス全体設計

AIモデル要件定義・仕様設計

AIモデル開発

有人対応体制構築

PoC

有人対応開始

サービスイン

再学習やリプランニング

ナナメウエのAIは再学習可能 AIを実装し、運用しながら性能改善

AIと有人のハイブリッド運用により、運用データを利用した再学習によるAI性能の向上が可能です。
結果的にAIの業務カバー率が高まり、人件費削減や運用負荷の軽減などコスト削減に繋がります。

ナナメウエのAIモデル

ナナメウエでは学習済みの独自AIモデルを目的に合わせてカスタマイズ。お客様のサービスに合わせて再学習可能なモデルとしてご提供いたします。

画像認識

物体認識・物体検知モデル

人やモノなど様々な物体を検知し認識分類、タグ付けなどアノテーションにも活用

UGCサービス向け 不適切画像の検出モデル

性的画像や武器・暴力画像、グロテスク画像などを検知

顔認識

個体認識モデル

アジア人に強い顔認識モデル出退勤管理や防犯、スマートゲートなど

マーケティング向け顔認識モデル

店舗やイベントで来場者のプロファイル情報を取得

オリジナルAIモデル開発

上記のAIモデル以外にも、お客様のビジネスに合わせた様々なAIモデルの開発が可能です。

  • OCRエンジン
  • チャットボット
  • レコメンドエンジン
  • 予測エンジン
  • ダイナミックプライシング
  • など

GoogleやAmazon、MicrosoftなどのAIモデルを利用したシステム構築も可能です。

AI x RPAによるシステム
構築もお任せください。

定型業務を自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)は、働き方改革やデジタルトランスフォーメーションを推し進めると期待されており、既に多くの企業で導入されています。

そこにAIを組み合わせることで、従来RPAでは難しいと言われてきた非定型作業や、複雑な業務判断が必要とされる作業にも対応し、AIのビジネス実装が可能になります。

ナナメウエのAIサービス活用例

  • 市場調査・予測
  • SNSの投稿監視・風評調査
  • 不正調査
  • マーケティング
  • 営業支援
  • システム間連携
  • ワークフローオートメーション
  • システム管理

実績

AI x 人によるビジネス実装型AIサービス開発についてお気軽にご相談ください。

運営企業

統括本社

Nanameue

SNS・Webサービス開発・運用モバイルアプリ開発・運用

株式会社ナナメウエ(セールス、ディレクション)
住所 〒107-0052 東京都港区赤坂 8-12-14 UIW乃木坂 3F
電話 03-6721-1076
ai[at]nanameue.jp

開発支社

Data Wow

AI開発 ・ システム開発 ・ BPOサービス

Data Wow(開発、運営)
1778 Summer Hub Office, 6th Floor, Sukhumvit Road, Phra Khanong, Khlong Toei, Bangkok 10110 THAILAND
Tel: 02-024-9119